お問い合わせ

お問い合わせ

所在地 〒605-0815
京都市東山区大黒町通り
松原下ル北御門町267
電話 075-525-1616
FAX 075-561-4869
メール お問い合わせフォーム

投稿者別一覧

ひといろ2011春展

2011 年 2 月 21 日 月曜日

京mono group ひといろ

2011春展

2月23日(水)~28日(月)

表参道ヒルズ
GALLERY KOWA

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号

TEL: 03-3408-4897
【 通常 】12:00~19:00
【最終日】12:00~17:00営業時間

●地下鉄をご利用の場合
「表参道駅」A2出口より徒歩2分
「明治神宮前〈原宿〉駅」5出口より徒歩3分

●JRをご利用の場合
JR山手線「原宿駅」表参道口より徒歩7分

投稿者: nishina

ジオン消火作戦! MG 1/100 ザク with ミニチュア纒

2010 年 10 月 14 日 木曜日
ジオン消火作戦!

なんていう回はガンダムにはありませんが・・・^^;

今回は現在開催中の展覧会「印を纒う」の中間レポートです!
展覧会の詳細はこちら

会場に入って、まず最初に出迎えてくれるのがザク3体! w( ̄△ ̄;)wなんで!

これは、ガンダム世代全開の当社の職人が、最近のガンプラはすごい!という話から端を発して出来た作品。

ガンプラ開発チームの汗と努力の結晶って感じのこのガンプラに感銘を受け、MG(マスターグレード)という称号に恥じないミニチュア纒を製作する運びとなったわけです。(^^)

全長21cmで、実物の纒と比較すると1/10のミニチュア纒ですが、
纒頭、棒、蛙股は真鍮製で、バレンも本革仕様という妥協のない材料選定。
細部にわたるパーツも実物の比率を再現しました。

世の中にある「ミニチュア纒」という商品の中で、ここまで忠実に再現した商品はなかったと言えると思います。

今回は「スギシタ有限会社」の協力でザク専用半纏も作ってもらいました ヽ(^◇^*)/ ワーイ
ミニチュアの鳶口と梯子も作って、立派な火消スタイルのザクに仕上がっています。

どこにでもあるという作品ではないので、是非この機会にご覧いただけると幸いです o(^-^)o ワクワクッ

それにしても・・・
一昔のガンプラと比べると、ファルムや構造の精密さはもちろん良くなっているのですが、何より間接等の可動範囲の広さがすごい!!
それからRG(リアルグレード)っていうシリーズのすごいガンプラが登場して、ガンプラ開発チームの動向にはまだまだ目が離せません!(・_・ )ジー

投稿者: nishina

「印を纒う」京都館 八重洲移転4周年記念特別展

2010 年 9 月 27 日 月曜日

京都館 八重洲移転4周年記念特別展

2010年10月7日(木)~24日(日)

10月22日(金)~24日(日)は特別販売!
係が常駐し、両社のブランド「絆」「凛薫」のアイテム販売を行います。伝統的な意匠や技術を昨今のライフスタイルに合わせた、多彩な製品をご用意いたしております。

開催場所

京都館(東京都中央区)

東京都中央区八重洲2丁目1番1号 ヤンマー東京ビル1F
電話番号 03-5204-2260
営業時間 10:30~19:30

■JR東京駅八重洲中央口 徒歩1分(八重洲地下街27番出口すぐ)
■東京メトロ銀座線「京橋」下車7番出口 徒歩5分
■東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」下車 B-5番出口 徒歩5分

お問い合わせ先

株式会社仁科旗金具製作所
www.nishina.com
電話:075-525-1616
〒605-0815 京都市東山区
大黒町通松原下ル北御門町267

スギシタ 有限会社
www.kyoto-some.com
電話:075-841-4449
〒600-8390 京都市下京区
猪熊通四条下ル松本町269

日本の祭りの風景で最も印象的なものは、町や組の紋をあしらった半纏を身に纏って練り歩く粋な姿。中でも纒(馬印)を振り士気を高める纒持ちは、祭りに華を添える存在です。纒の起源は、群雄割拠の戦国時代に、敵味方の目印として用いたもので的率あるいは馬印と称していました。江戸時代に入り太平の世が続くと、武家の的率は使われなくなり、これに代わって火消しが火災現場で用いる標具として半纏は組や階級を識別する防護服としても用いられるようになりました。今回は、古来より受け継がれてきた、日本人の「印を纏う」というスタイルをテーマに、京都の印染「スギシタ有限会社」と金属工芸「株式会社仁科旗金具製作所」の半纏と纒を展示いたします。

また11 月5日(金)より開催される「ラリーニッポン2010」で使用される纒と半纏も展示いたします。

これらを通して、日本人が印に託した「誇り」や「絆」を見直し、人と人との繋がりの大切さを感じていただけましたら幸いに存じます。

投稿者: nishina

京都館 8月催事

2009 年 7 月 29 日 水曜日

「日常が活きる金属」 ~ 凛薫(りんく)の金工 ~

2009 年8 月28日(金)~ 30(日)京都館ニュース200908表紙

時間 10: 30~19:30(最終日は17:30)

場所 京都館(ヤンマー東京ビル1F)
TEL  03 – 5204 – 2260

住所 東京都中央区八重洲2丁目1番1号
■ JR東京駅八重洲中央口 徒歩1分
(八重洲地下街27 番出口すぐ)

催事内容

投稿者: nishina

 
このページの先頭へ