お問い合わせ

お問い合わせ

所在地 〒605-0815
京都市東山区大黒町通り
松原下ル北御門町267
電話 075-525-1616
FAX 075-561-4869
メール お問い合わせフォーム

「印を纒う」京都館 八重洲移転4周年記念特別展

2010 年 9 月 27 日

投稿者: nishina

京都館 八重洲移転4周年記念特別展

2010年10月7日(木)~24日(日)

10月22日(金)~24日(日)は特別販売!
係が常駐し、両社のブランド「絆」「凛薫」のアイテム販売を行います。伝統的な意匠や技術を昨今のライフスタイルに合わせた、多彩な製品をご用意いたしております。

開催場所

京都館(東京都中央区)

東京都中央区八重洲2丁目1番1号 ヤンマー東京ビル1F
電話番号 03-5204-2260
営業時間 10:30~19:30

■JR東京駅八重洲中央口 徒歩1分(八重洲地下街27番出口すぐ)
■東京メトロ銀座線「京橋」下車7番出口 徒歩5分
■東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」下車 B-5番出口 徒歩5分

お問い合わせ先

株式会社仁科旗金具製作所
www.nishina.com
電話:075-525-1616
〒605-0815 京都市東山区
大黒町通松原下ル北御門町267

スギシタ 有限会社
www.kyoto-some.com
電話:075-841-4449
〒600-8390 京都市下京区
猪熊通四条下ル松本町269

日本の祭りの風景で最も印象的なものは、町や組の紋をあしらった半纏を身に纏って練り歩く粋な姿。中でも纒(馬印)を振り士気を高める纒持ちは、祭りに華を添える存在です。纒の起源は、群雄割拠の戦国時代に、敵味方の目印として用いたもので的率あるいは馬印と称していました。江戸時代に入り太平の世が続くと、武家の的率は使われなくなり、これに代わって火消しが火災現場で用いる標具として半纏は組や階級を識別する防護服としても用いられるようになりました。今回は、古来より受け継がれてきた、日本人の「印を纏う」というスタイルをテーマに、京都の印染「スギシタ有限会社」と金属工芸「株式会社仁科旗金具製作所」の半纏と纒を展示いたします。

また11 月5日(金)より開催される「ラリーニッポン2010」で使用される纒と半纏も展示いたします。

これらを通して、日本人が印に託した「誇り」や「絆」を見直し、人と人との繋がりの大切さを感じていただけましたら幸いに存じます。

コメント / トラックバック 1 件

  1. ジオン消火作戦! MG 1/100 ザク with ミニチュア纒   仁科旗金具製作所スタッフブログ「あんなん作って、こんなん作って」 より:

    [...] 「印を纒う」京都館 八重洲移転4周年記念特別展 [...]

この記事へのコメント

 
このページの先頭へ